浄水器を買おう

代表的な浄水器の種類とそれぞれの特徴

家庭用の浄水器には一般的に次のような種類のものがあります。

まずは蛇口直結型です。これは一般家庭の蛇口に直接取り付けられる形状をしているタイプです。

スーパーや家電量販店、ホームセンターなどでも購入することができ、価格も数百円から数千円と比較的手ごろな価格帯の中から選ぶことが可能です。

更に取り付ける際にも特殊な工具は必要とせず、取り付け作業自体もとても簡単です。

ただし、ろ過能力は低く、水質の大幅な改善は期待できない上に、カートリッジの交換も頻繁に行わなければいけません。次に据え置き型です。

浄水器本体を台所のシンク周辺に接地し、蛇口と本体をホースでつないで使用します。

価格帯は数万円から数十万円と幅広く、ろ過能力も色々なので、予算に合わせた品を選ぶことができるのがメリットですが、シンク脇に設置するスペースを取られてしまうことになります。

一方、シンク周辺に設置スペースを確保しなくても良いのがシンク下の配管設備に取り付けるアンダーシンク型です。

高いろ過能力を期待することができ、シンク周辺にスペースを取られることもありません。ただ、本体費用と取り付け費用がそれぞれ高額になるので、新築やリフォーム時に計画を練って導入するケースに限られるでしょう。

その他に取り付け工事を必要とせず、持ち運びも可能なポット型の浄水器もあります。ポットの他に水差しのような形状のものもあり、いずれも蛇口等に直結させずに単独で使用することが出来るのが利点です。

代表的な浄水器の種類としてはこれらのものがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *