浄水器を買おう

取り付けタイプによる浄水器の違いと特徴

浄水器は水道への取り付け方法によって水道直結型、据え置き型、アンダーシンク型、ポット型の4つに分けることができます。

水道直結型は、水道の蛇口に直接浄水器を取り付け、コンパクトで場所をとらないのが特徴です。価格も数千円程度と安いので初心者向けの浄水器だと言えるでしょう。

しかしその反面、数か月ごとにフィルターを交換する必要があり、濾過能力もそれほど高くないという欠点があります。据え置き型はその逆で本体が数万円程度と高額ですが、高い濾過能力を誇り、フィルター交換も1年に1回程度と長持ちするのが特徴です。

さらに機能の高い商品の場合、軟水やアルカリ水といった多様な水を好みで生成することができます。したがって、安全でおいしい水を飲みたいという方には据え置き型がおすすめです。

ただし、据え置き型には場所を取るという欠点があるので、それが嫌な場合はアンダーシンク型という選択肢もあります。これは流しの下にある水道管に浄水器を取り付けるタイプで、外からは全く見えないので水道回りがすっきりとします。

性能や価格も据え置きタイプとほとんど変わりませんが、取り付けの際には工事が必要で工事費が別途で必要なのが難点です。ポット型は、水差しにフィルターが付いていて汲んだ水を濾過する携帯用の浄水器です。

冷蔵庫に収納しやすく、持ち運んで使うことができるのであると便利です。価格も数千円程度と安く、手入れも簡単なので面倒くさがり屋の方にはおすすめです。ただし、濾過に時間がかかり、濾過能力自体も低いという欠点があることは考慮にいれておいた方がよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *