浄水器を買おう

浄水器でおいしい水を飲もう

浄水器とは蛇口付近にとりつけて水をきれいにする機器であり、国内での販売は年々増加傾向にあります。

水道水によって伝染病が発生しないように、水道水には一定基準の塩素(カルキ)が含まれており、このカルキが水道水独特の臭いとなっています。発がん性物質のトリハロメタンやカルキ臭さを取り除いて飲みやすくするのが浄水器となります。

都会ではペットボトル入りのミネラルウオーターを飲んでいたのが多かったですが、コストを考えると、浄水器をとりつけた方がいいです。またペットボトルだと持ち運びの負担やゴミの問題も発生します。

美味しい水を飲みたいといった消費者の声から浄水器が作られることになりました。値段は数千から数万円と幅があります。原理としては機器の中にフイルターがたくさん詰め込んであり、イオン交換によっておいしい水へと変えていきます。

当然ある一定の期間が過ぎるとカートリッジを替えなければなりません。以前からすると交換する頻度は少なくなってきました。最近では、イオン交換だけではなく、機器にコンセントを繋ぎ、交換を手間を省くことができる手間いらずのものまで開発されています。

商品は、電気屋さんかホームセンターで販売されています。ネットでも販売されていますが、実際自分の目で確認することで、使いやすさを追求するのが一番いいでしょう。おいしい水を多くの人が求めている今日、浄水器の開発はこれからも進みます。おいしい水で健康に過ごしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *