浄水器を買おう

家庭で使用する浄水器の取扱いや衛生管理について

家庭用の浄水器は水道水を内部のフィルターに通すことで臭いやゴミなどを取り除き、口当たりを良くする効果があります。

主に蛇口に設置する構造の物が多く、用途の性質から内部に湿気が籠りやすい傾向があります。そのため、水垢やカビの発生を防ぐために衛生管理に気を配ることが大切です。

浄水器を清潔に保つためには定期的に内部の洗浄を行う必要があります。浄水器の中でも水を濾過するフィルターは常に水道水に触れることから汚れが付着しやすくなっているので常に清潔に保つように心がけます。その一方で洗浄の方法を誤るとフィルターの濾過機能が低下してしまうことがあるので、説明書の記載内容を確認する必要があります。

家庭用の浄水器は誰でも扱うことが出来るように構造が簡略化されていることが多く、着脱も容易に行うことが可能です。また、内部の洗浄も市販されている家庭用のブラシなどで行うことが出来ますが、機器の構造によっては汚れがこびり付きやすい部分があるので慎重に作業を行います。

洗剤の使用は成分や臭いが内部に残留することがあるので避けます。浄水器は長く使うことが前提なので頑丈に作られていますが、水を濾過するフィルターは消耗品なので次第に性能が低下します。

水道水の質を改善させるためには定期的にフィルターを交換する必要がありますが、機器の年式によっては製造が中止されている場合もあります。機器の導入の際には消耗品の確保が容易なことを確認したうえで、維持費についても考慮することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *