浄水器を買おう

家庭用浄水器の選び方は何を基準に考えると良いか

水道水は安全だという人がいます。

一方で水道水にはさまざまな不純物が含まれているために、そのまま飲むことはできないという人もいます。一般的に日本国内の水道であれば、諸外国と異なり高い安全性が確保されていることは事実ですので、水道水をそのまま飲用しても取り立てて大きな問題となることはありません。

しかし、飲んでも安全であるというレベルにまで浄化しているということは、それ以前の段階で大量の消毒薬投入処理が行われていることを意味します。それが強いニオイや、雑味を感じる原因ともなっています。家庭用浄水器はそれらを取り除くことで、よりおいしい水を生成することができるという機能がある製品です。

特に都市部のマンションでは、汲み上げた水を屋上にある配水タンクに貯めるという方法を採用している建物が多く、それも「不味い水」の原因にもなっています。そのためにマンションにお住まいの方はほとんどが浄水器もしくはウォーターサーバーを活用しています。家庭用浄水器はウォーターサーバーと比較すると場所を取らないこと、カードリッジを交換するだけでいつでも浄水を手に入れられるという利便性、設置の手間がかからずゴミも発生しないというメリットがあります。

コスト面においても手軽さや設置スペースの面などでも、家庭用浄水器は大きなアドバンテージがあります。ウォーターサーバーとどちらにしようかと迷った場合には、やはり家庭用浄水器の設置をお勧め致します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *