浄水器を買おう

浄水器の種類と特徴について

日本の水道水のクオリティは他の国に比べて高いとされていますが、そのまま飲むとカルキ臭かったり、有害物質があるのではと気になる人も多いようです。

そのため、安全でおいしい水が飲める浄水器の需要が高まっています。しかし浄水器と言っても様々な種類があるので、それぞれの種類と特徴についてご紹介しましょう。最も手軽に使用できるのはポット型で、コンパクトで使いやすいのが利点です。

一度に濾過できる量は多くありませんが、冷蔵庫の中に入れて冷やしたり、食卓に置けるなど飲料水として利用するのに向いています。蛇口直結型は最もポピュラーなタイプの浄水器で、蛇口に取り付けるだけと簡単なうえにリーズナブルなところがうけています。

ただ、カートリッジの寿命が短いため、2ヶ月から3ヶ月に1回と頻繁に交換しなければなりません。ビルトイン型は深紅の下の排水管に設置するタイプですが、設置場所が必要となります。設置するには工事が必要となりますが、カートリッジの交換は1年に1回から2回と少ない回数で済みます。セントラル型は水道メーター以降の配管に設置するタイプで、屋外に設置するためキッチン内は広々使えるのが特徴です。

キッチンはもちろん家中の水回りに使えるので、より質の高い水でシャワーを浴びたり髪を洗ったりもできます。買い取りだと50万円以上するものもありますが、レンタルも可能です。このように、浄水器には色々なタイプがあり設置の方法や濾過できる水量も変わってくるため、ライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *