浄水器を買おう

家庭用浄水器はどのような仕組みで浄化しているか

日本の水道水は川やダムなどから取水されていることが多く、その水は各自治体などが設置した浄水場に運ばれ、不純物の濾過や次亜塩素酸などによる殺菌が行われ、各家庭で利用している水道水となって配水されることになります。

水道水は厳しく定められた基準がありますのでそのまま飲用することが可能なので、世界と比較すると日本の水質は良いとされています。しかし、殺菌の過程で投入される塩素は匂いがかなり独特で、あまり好まれません。

カルキ臭を取り除くためには残留塩素を取り除く仕組みが必要となり、それを実現しているのが家庭用の浄水器です。多くの浄水器はフィルターを水道水が通過するときに不純物を吸着することで浄化する仕組みとなっています。多く採用されているのが活性炭のフィルターや、極細繊維をよりあわせたフィルターです。

水に含まれている塩素やその他の不純物がそのフィルターに吸着されて、きれいになった水分のみが浄水として利用できる仕組みとなっています。もちろん水道水そのものは浄化せずにも飲用できる水準を満たしていますが、浄水器を通過させることで、より美味しくより安全に飲用できることになりますので、水に対しての意識の高い人に好んで使用されています。

さまざまな価格帯の豊富な浄水器が各社からリリースされていますので、機能面や価格面など多角的に比較検討が可能な浄水器専門サイトを利用して、目的にあった機種を選び購入することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *