浄水器を買おう

蛇口直結型と据え置き型の浄水器

浄水器には様々な種類がありますが、大きく分けると蛇口に直接取り付けるタイプと据え置きするタイプの2種類になります。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、比較してみていきましょう。浄水器を聞いて一番最初に思い浮かぶのが蛇口に直接取り付けることのできる蛇口直結型浄水器は、取り付けることも簡単にできて費用も安いことから最も人気の種類になります。また蛇口に取り付けてしまいますので、場所をとることがなく邪魔になることもありません。デメリットとしてはカートリッジが小さいため頻繁に交換をしなくてはならず、大体2ケ月から4ケ月程度での交換となります。

またフィルタの除去機能は据え置きタイプよりも劣ります。据え置きタイプの浄水器は流し台の上に設置するタイプと流し台の下に設置するタイプがあり、蛇口直結型よりも高い有害物質の除去性能を誇っています。またカートリッジの寿命が長く半年から1年程度は使用することができます。デメリットとしては初期費用が高く3万円程度からとなります。

また設置するためには場所を確保しなくてはなりませんので、台所に空きスペースがなくてはなりません。それぞれにメリットとデメリットがありますので、ライフスタイルに合わせた選びましょう。蛇口直結型は浄水器を初めて使う方やすぐに取り付けたい方、調理や飲水で毎日水を使う方に良いタイプになりますし、据え置き型は料理に使う水にこだわりたい方やより安全な水が飲みたい方などに良いタイプになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *