浄水器を買おう

蛇口直結型と据え置き型の浄水器の違い

家庭で使える浄水器のタイプとして、最も普及している形のものと言えば蛇口直結型のものとなります。

蛇口直結型の浄水器の購入を検討したときには、自宅の蛇口に設置することが可能なのかという点が大きな問題となります。日本の家庭に設置されている蛇口には規格があって、4つのサイズに分かれています。大手メーカーが販売している蛇口直結型の浄水器の場合であれば、4種類のどの蛇口のタイプであっても対応しているものと考えられます。念のために浄水器の購入を実際に行う前に、自宅の蛇口の直径を測っておくことをおすすめします。測る場所としては蛇口の直径と、先端の部分の幅となります。

家庭に設置することが可能な浄水器のタイプとしては、据え置き型のものもあります。据え置き型の場合は、蛇口直結型のものと比較したときに浄水システムとして大きなものを搭載しています。その分だけろ過が可能な水量が多い利点や、ろ過性能の面においても高い効果を得ることができる特徴があります。

蛇口直結型の場合では水量に制限があるものとなりますが、据え置き型の場合でも水量を気にすることなく多くの水を浄水できます。据え置き型の種類の中では、浄水と原水を簡単に切り替え可能なタイプのものが登場しています。切り替えができることで飲用水と料理をするときに浄水を使ったり、洗いもののときには原水を使ったりと用途に応じて使い分けることが可能になります。また、蛇口直結型のものと比較したときに、据え置き型のほうが水がおいしくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *