浄水器を買おう

浄水器を選ぶ際のコツ

現在、都市部の家庭では50%以上の普及率と言われる浄水器ですが、まだまだ需要が高いです。

各社からさまざまな種類の商品がリリースされており、購入の際迷ってしまいます。そんな浄水器を選ぶコツについてです。浄水器は大きく分けて3つのタイプがあります。まずは蛇口の先に取り付けるタイプ。こちらは設置が簡単で、価格も数千円~1万円前後とお手頃です。しかし、カートリッジの交換時期が3ヶ月程度と短いスパンのため、総合的に見ると少し高いかもしれません。次に、浄水器の本体をキッチンやシンクに置く、据え置きタイプ。やや大型ではあるものの、一度に浄水できる量が多い点が魅力です。

そして、シンクの中に設置するビルトインタイプは、業者による取り付けが必要で費用は高くなりますが、カートリッジが一年ほど保つため長い目でみるとお得かもしれません。チェックする点としては、まず使われているろ材の種類です。水道水を浄化する場合は塩素やカビ臭・トリハロメタンなどを除去してくれる活性炭が有効です。細菌や水に溶けていないサビ・鉛などの金属類の除去は、マイクロフィルターやセラミックが効果的です。

次にメンテナンスのしやすさも大事です。ノズル部分やホースを洗浄・交換できたり、丸洗いが可能なものを選ぶと良いでしょう。そして、カートリッジの交換に関してです。前述のタイプごとにカートリッジの交換時期が異なるため、使用頻度や家族の構成人数によって適したものが変わります。目先の金額ではなく、先を見通し広い目で判断しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *