浄水器を買おう

浄水器の種類と特徴とは

水道水には殺菌をするために塩素が使用されていますが、この塩素は残留塩素として残ってしまい、さらにはトリハロメタンと呼ばれる発がん性物質を生成します。

そこで水道水を安全に使用できるようになるのが浄水器ですが、この浄水器には様々な種類がありますので、その特徴を見ていきましょう。蛇口直結型はその名の通り蛇口に直接取り付けることのできる浄水器になります。このタイプは手軽に使うことができることから、最も使用されているタイプになります。特徴としては価格が安く2000円から5000円程度で購入することができて、取り付けも簡単です。

しかしカートリッジが小さいため交換時期が早いのが難点になります。据え置き型はシンクに直接浄水器を設置して使用するタイプになります。特徴としてはフィルターの寿命が長く6か月から1年は使用することができます。また蛇口直結型よりも有害物質の除去性能が高いものが多いので、より安全な水を確保することができます。

ただし設置場所の確保が必要になりますので、場所をとってしまいます。アンダーシンク型はキッチンのシンク下に設置するタイプの浄水器です。システムキッチンの場合には、もともと備え付けている場合も多く、場所をとることなく使用することができます。このタイプもフィルターが大きいため交換時期が長く1年程度は使うことができます。浄水性能が高いですが、その分値段が高価になってしまい2万から10万円程度の費用が掛かります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *