浄水器を買おう

浄水器の種類ごとの価格について

浄水器はニーズの高い商品と言えますので、様々なタイプが販売されています。

商品選びをするときには、浄水の方法や媒体の違いによって比較して検討することがおすすめです。最も簡易的なものとしては、蛇口直結型の浄水器があります。一般家庭の水道の蛇口に取り付けるタイプのもので、ろ過の材料としては活性炭などが主流のものとなります。カートリッジは小型のものが採用されていますので、ろ過能力が小さく、頻繁に交換をしなければならない点が特徴となります。

性能としては残留塩素やカビ臭など広範囲の細菌や有害物質を取り除くことが可能ですが、製品によっての性能の格差も大きいと言えます。浄水器本体の価格は安い値段で購入が可能ですが、カートリッジの値段が2000円から4000円ほど必要となり1年間のうちに3回ほどの交換が必要になってきますので、全体的なコストを考えると費用がかかってしまう欠点があります。シンクの隅に設置する形で、カートリッジを装着することで水道水を綺麗にすることができる浄水器として、据え置き型のものがあります。

カートリッジも大型の製品がたくさん販売されていますので、浄水能力が高いものが多いです。浄水器本体の価格としては、5万円から10万円ほどと高価なものが多くて、カートリッジの交換も1万円から2万円ほどかかるものと考えておいたほうが良いでしょう。浄水能力の高さを考えると、割安であると言うこともできます。高いレベルで有害物質を除去してくれますので、質の高い製品を求めている人におすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *