浄水器を買おう

浄水器の種類と選び方

浄水器とは活性炭やろ材を組み合わせて残留塩素やカルキ臭、カビ臭などやサビなどを取り除いて美味しくて安全な水を得るためのものです。

市販されている浄水器には様々な機能が付いていて、種類も様々です。一般的によく知られているものでは活性炭式と言って、活性炭を使ったもので残留塩素やカルキ臭、カビ臭、トリハロメタンや農薬などを取り除くことが出来ます。また菌の繁殖を防いでくれる効果もあります。その他にもろ過膜式は、小さな穴の開いたろ過膜に水を通して水道水に含まれる粒子の粗い危険物質やサビ、濁り、一般雑菌などを取り除くことが出来ます。

セラミック式はとても小さな穴が無数に開いていてろ過膜式と同じように小さな危険物資を取り除くことが出来ます。逆浸透膜方式は浸透膜の働きを利用して、水とそれ以外のものを分離することが出来るという方法で、主に医療用に使われています。ミネラルなども取り除き、ジュ雲水を作り出す浄水器であるため一般家庭にはあまり向いていません。

浄水器は形も様々で、小さくて取り付けが簡単な蛇口直結型、それよりも大きくてシンクに据え置きして使用する据え置き型、キッチンのシンク台の下に取り付けるビルトイン型、水道管から各家庭に水が運ばれる給水管の元栓に設置する元栓直結型などがあります。選び方としては、浄水器を通した後の水がどのようなもの水になるのか、設置場所、費用などを考慮して自分に合ったタイプのものを選ぶのが良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *