最近の医療レーザー脱毛について

医療レーザー脱毛は、レーザーの特性を活かした脱毛方法です。

黒や茶色などの毛の色に吸収される特性があるレーザーを毛に照射させることで、毛や毛の周辺組織を破壊して、毛が同じところから、2度と生えないようにします。医療レーザー脱毛は、レーザーの波長によって、さまざまな機器が開発されています。ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーがあり、レーザーによって、特性が違います。ダイオードレーザーは、波長が800nmほどであり、波長をある程度変えることができます。

他のレーザー脱毛の機器に比べて、脱毛ヘッドが大きく、一度に広範囲にレーザーを照射することができます。短時間で効率よくレーザーをあてることができるため、全国の多くのクリニックで導入されています。痛みが他の医療レーザー脱毛器よりも少なく、安全性の高い治療をすることができます。アレキサンドライトレーザーは、755nmの波長のレーザーです。

皮膚にメラニンを含んでいる東洋人に向けられて開発されたレーザー機器であり、安全性が高いです。冷却風や冷却ガスを皮膚にあてることで、冷却しながらレーザーを照射していくため、痛みが軽減され、麻酔クリームなどを使用しないで治療することが可能です。クリームなどを塗らないで治療ができるため、クリームのアレルギー反応を起こす心配をする必要がなく、さまざまな人が治療しやすい機器です。全国の多くのクリニックに導入されていて、治療を受けやすくなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *