海老名でスマホ修理が必要になった時の選び方

スマートフォンの画面が割れてしまったり、故障して修理が必要になったけれども、海老名でスマホ修理会社の選び方が分からないと悩む人は多いものです。

一般的に海老名でスマホ修理を依頼する場合には、正規店と非正規店の二つの種類があります。その違いは認可されているものと、認可されていないものの違いと言えるでしょう。そして最大の違いに挙げられることは、部品の違いが挙げられます。正規店で扱われている部品は、純正部品だけを使用しておこなわれます。一方の非正規店の場合には、コピー品が再利用品でおこなわれることになるでしょう。部品は純正部品だけではなく、純正品と同じような品質を持っているコピー品、もしくはいらなくなったスマートフォンを回収して、使える部分を使う再利用品の二つがあります。修理内容はそれほど変わらないのですが、扱う部品に違いがあり、どちらにもメリットもあればデメリットもあるといえます。まず海老名でのスマホ修理を正規店に依頼するメリットとしては、純正部品だけを使った修理となるため、修理したのにまたすぐに壊れてしまうことがあまりありません。本体の交換によりスマートフォンを丸ごと取り換えられるため、不具合自体が改善できなくても対応できます。保証サービスに加入していれば、安く費用を抑えられるでしょう。反対に正規店のデメリットとしては、データが消えてしまうため、大切なデータがあればバックアップが必要です。スマホ修理をしたいけれども予約が取りにくく、修理が終わるまでに場合によっては数週間がかかることもあります。保証サービスに加入していなければ、反対に料金が高くなってしまうでしょう。海老名でのスマホ修利を非正規店に依頼する場合には、予約なしにすぐに修理が可能となります。即日修理が可能であり、画面割れやバッテリー交換などの簡単な修理であれば、数分から数十分程度で終了します。予約は不要なのもうれしい特徴です。

反対に非正規店デメリットは、修理の技術が店により異なり、場合によってはトラブルに見舞われることです。一度でも修理会社に依頼すれば、メーカー保証は一切受けられなくなってしまいます。このように修理時間やデータのバックアップなど、どちらにもメリットもあれば、メリットもあることがわかります。正規店の方はやはり安心感や信頼感はありますが、多くの携帯ショップではほとんど対応してもらえません。だからと言って予約を取ろうとしてもなかなか予約も取りにくく、実際に終わるまでには数週間かかってしまいます。このような手間や修理時間を考えた場合には、予約もなく即日修理がしてもらえる非正規店のメリットは大きいといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *