持ち込みでタイヤ交換をする際の注意点

by:

タイヤ交換持ち込み自動車関連

皆さんは、タイヤ交換をご自分でされますか?多くの人は、ガソリンスタンドや車を購入したディーラーに任せてしまうのではないでしょうか。それもそのはず、一人でやるには何時間もかかりますし、専用の工具を揃えなければなりません。広い場所も必要です。そこで今回は、持ち込みでタイヤ交換をしたい場合、どのようなところに注意して依頼をすればよいのかをご説明します。

はじめに確認してほしいのは、取り付けたいタイヤは4本とも同じ種類のものか、ナットは別にあり個数は足りているのか、そして組み換えは必要なのかというところです。この段階で何かが欠けますと、たとえ持ち込みをしたとしても作業が進められず、とんぼ返りを余儀なくされてしまう可能性がありますので準備は確実に行いましょう。また、事前に電話やWebサイトで連絡をして、タイヤ交換の予約をしておいた方がスムーズに進みます。特に雪が降る地域では11月後半から4月前半頃にかけて大変混み合う時期になりますので、突然来店して突然作業を依頼するといったことがないようにしたいですね。

一般タイヤでしたらこのようなやり方でよいのですが、工事車両やトラック、扁平の薄いタイヤなど特殊タイヤに分類される場合は、持ち込み依頼をする段階でサイズなどの詳細や取り付けできる機械がある店舗かどうかを確認する必要があります。大切な車と大変な作業をプロにお任せするわけですから、余裕をもって計画を立て、事前の連絡を忘れずに行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です